2010年01月07日

133 緋村剣心

s133.jpg

2009.12.8 up

 私にトルーパーを薦めてくれたお友達、桜魚望くん(今は黒井ひよこさん)へのバースディプレゼントとして、今現在ひよこさんがどっぷりほれ込んでいる剣心を描いてみました。
 テレビアニメを見たのは去年が初めて、朝の再放送時間だったので、ご飯を作りながら見で、後半はほぼ見れていませんでした。
 キャラクターもよく解っていない状態で描いたもので、イメージにあっていないかもしれません。かなり自己流だし。
 資料にと思って、ビデオアニメのほう「追億編」を見てみたんですが、そのビデオシリーズを見た印象としては、るろうに剣心って、切ない話なんですね。
 取り戻せないもの、とか、罪悪感とか。
 つぐないという生き方を自分に課して、死ではなく生きることにこだわる剣心に、泣かされました(^^;

 「追億編」で剣心がぼろぼろになっていく様を、淡々と見守ってしまいました(苦笑)
 プラス、音楽が素晴らしい、絵も素晴らしい。
 「追億編」で一番印象的だったのは、宿の女将の描写ですかね。すっごい地味ポイントかもしれないですが、含蓄のある台詞ばかり。女将の教養の高さが伺えて、あのキャラクターの作りこみ方にはちょっと感動しました。
 
 ニコニコ動画とかだけ見てるとかなり色物扱いされてる感じですが、ビデオシリーズに関してはもっと評価されるべき(笑)作品だと思います。
posted by Mukara at 14:06
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 131-140 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。