2010年01月07日

135 沖田宗次郎

s135.jpg

 今回は沖田総司、どっちかというと宗次郎時代の、勝手なイメージ画です。

 沖田総司、といえば、これはこれで私のイメージはとても古いものです。
 そもそも好きになったきっかけは’86の年末時代劇『白虎隊』でして、中川勝彦氏の演じる沖田総司の台詞が意味不明過ぎて、この人一体どんな人だったんだろう?と歴史小説を読み始めました。
 司馬遼太郎氏の描く、朴訥というか、部屋の中で着物の裾をめくってシラミをとっている沖田総司が強烈に印象深く(笑)
 中川勝彦氏の美形なイメージから一気に庶民的なイメージにすり替わってしまいました。

 漫画でその後読んだと言えば、「天まであがれ!」と「あさぎ色の伝説」くらい(古過ぎ)
 今読んでみたいのは、おすすめいただいた「ピースメーカー鉄」(漢字は本来難しいものみたいですが)と、「風光る」かな。渡辺多恵子さんといえば『ファミリー!』で散々泣かされてますから、期待大ですね〜。

 沖田総司を演じられた役者さんの中で、映像を見てみたいのは島田順司さんです。(これまた古)
 昔は東山紀之とかかっこいいなあと思ってました。
 あと、若い頃の橋爪淳さんなんかは私のイメージにどんぴしゃで、沖田総司役というだけで、桂三枝主演の『ゴルフ夜明け前』とかいうような色物映画まで、見に行ったことを今更思い出しました(^^;
 その頃、映画村まで橋爪さんの追っかけもしていました(苦笑)<痛い…。
 橋爪さんは、私たちファンが写真を撮り終わるまで、ちゃんと撮影場所に居てくれるというような、お優しい方でした。今でもドラマに出ていらっしゃるのを見つけると、どきどきしていますけど(笑)

 喀血するからといって、病弱な人はイメージしにくくて、わんぱくそうな人に演じてほしいなあなんて個人的には思ってます。
posted by Mukara at 15:04
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 131-140 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137651683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。