2010年01月07日

136 アトムとピピ

s136.jpg

 12月中、毎朝月曜から木曜まで'80制作の「鉄腕アトム」が、サンテレビ(神戸放送)で再放送されていました。
 なぜかタイムリーに、すごく見たいと思っていたので、朝ご飯中テレビ禁止だったのをやめて(苦笑)私が見たいもんだから……。
 最初は古いアニメにはいつも抵抗を示す、息子も娘もいつの間にか釘付けで見始めていました(笑)とても単純で明快なストーリーとアクションは、幼児にも解りやすいようです。
 私はいつも朝の家事をしながらなのでじっくりは見れていなくて、声を聞いていることがほとんどなんですが、島津冴子さんや田中真弓さんが、アトムのクラスメイト役として時々登場します。
 笹岡繁蔵さんも中盤あたり、数回エキストラ出演されていましたが、声がお若いので全然アラゴと印象が違っていました。
 子どもの頃、ちょうど小学校の高学年だったのかな。その当時に知らずにいろんな方の声を聴いていたんだなあと、懐かしみながら。

 そしてある回で、ゲストキャラクターが、トリトンのヒロイン、ピピだったのが嬉しくてこんな絵を。
 テレビ電話越しに、海を管理しているピピがお茶の水博士に助けを求めてきて、アトムが珊瑚礁へ向かうというストーリー。
 見ているこっちは最初から、ピピですから「人魚やで」って言ってたんですけど、息子達は素直に、全身登場したピピにむかって、「えー! ありえへん〜!」とツッコミ(笑)
 前にもサファイヤ王子が出てきたとき、前もって「この子はな、王子様じゃなくて王女様やねん」と言って、息子が「何で解ったんや!」とすなお〜に驚いてくれておかしかったんですがね。
 手塚治虫氏のスターシステム、得手不得手があると思いますが、私は大好きで、いろんなところになじみのキャラクターが出てくると、素直にドキドキしながら見ています。

 でもまあ、ピピもルカーも出てきたのに、トリトンは出てこずで(^^;
 トリトン好きなのに〜もう〜って一人でブツブツ言ってる変なおかんでした。

 ピピは真珠の髪飾りが子ども心にかわいいなあってうらやましかったので(三歳頃に再放送で見ていたんですけどね)アトムに登場したピピにそれがなかったのが少し残念で、自分で描いてみました。でも髪のオレンジ色は印象的だったけど、目の色とかは何色だったかうろ覚えで適当です。
 なんか、オレとか言っちゃってたピピ。男言葉……かわいいぜ。

 アトム、背が高すぎと息子に駄目だしされました。ほんとに、デフォルメ、苦手だわ〜(^^;
posted by Mukara at 15:46
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 131-140 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。