2009年07月07日

111 織姫 & レニ

111.jpg

2009.7.7 up

 七夕です!
 すっかりそんなこと忘れてました(^^;

 七夕と言えば〜

ワタシのパパは世界一で〜す!

 とツンデレから一気にデレデレになったソレッタ織姫 in サクラ大戦かな〜なんて。

 去年のクリスマスにレニ描いたんだから、今日は織姫描きたいな、とただそう思っただけでした。

 で、ちゃっかりセットになってるし星組(笑)

 レニと織姫の、ドライでいて信頼しあってる関係が大好き。

 織姫が前に居て、後ろで鋭く周囲を観察してるレニの構図が好き。

 サクラ大戦3での二人は少々アヤシかった気がします。

 またやりたいな〜。ドリキャス版。(もう動かなくなっちゃったけど……)

 ミニゲームが面白かったので、プレステ版はあれが無くなってたから物足りない。

 織姫のミニゲームは反射神経要求系だったから悲惨だった(><)
 センスありませ〜ん!って怒られまくって、ごめんなさ〜い状態(苦笑)

 織姫はかなりのファザコンですが、あのお父様、OVAではかっこ良かった。
 声と良い、ビジュアルと良い、烈火さんのお父上を彷彿とさせる(笑)
 そしてお母様の声が小山茉美さんだったのも、嬉しかったし。

 歌謡ショウでは、一番自然な感じ(^^;で可愛いなあと思いました。
 何より楽しそうでいい、織姫のボケつっこみ。独特の口調が癖になります。
posted by Mukara at 07:00
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年07月09日

112 君を眠らせない

112.jpg

2009.7.9 up

 タイトル通り、ファーストボーカルアルバムのイメージで描いてみました。
 もとのイメージはもちろんジャケット。
 みずき健さんのイラストの美しさに改めて魅入りつつ。
 プラス、旧オープニングのスターダストアイズのラスト、こんな感じじゃなかったでしたっけ?

 遼の涙は、敵にさえ憐れみを抱いての涙なんでしょうか。
 涙を流させた池田監督を尊敬しちゃいます。

 このアルバムの曲、『地図の無い旅へ』を聴くと、いろいろとイメージの刷り込みがあったなあと苦笑してしまいます。
 なんで恋の詩なんでしょう。
 しかもそこだけ切り取れば、意味深すぎる歌詞で。狙い通りにはめられてる気がする、私……。

 伸のパートが特に好きです。
 ♪君を愛した理由に気づいて〜、のとこ。
 もちろん遼のパートにも、やっぱりメロメロパンチ(笑)
 ファン以外にはくさくて聴けないんじゃないかと思う歌ですが、久々に作業しながら聴いていました。

 最後、フォトショップの機能をひとつ、覚えたので、使ってみました。
 意味の無い額縁〜(^^;
posted by Mukara at 07:03
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年07月18日

113 当麻 & 伸(一万ヒット御礼絵)

113.jpg

2009.7.18 up

 サイトの一万カウントヒット御礼絵。
『伸の苦しそうな寝顔を心配そうに見つめる当麻』
 そんなお題をいただいて、できたものがこのイラストです。

 同人誌サークルサイトのほうで、一万カウントに達した記念に、描いてみました。

 私も、相棒のimuranさんも、夢ネタは多いんで、似たようなシーンはいろいろ小説中にはあります。
 私がこの二人を絵にするときは大抵、一人で悩みを抱え込んでる伸を、当麻的には心配と怒りの混ざった複雑な気持ちで見守ってるってイメージが強く、今回もそれが絵に出てしまっています。
 ただ心配してるだけじゃなくて、殻を壊してしまいたい衝動と、内面では闘ってる(苦笑)そんなわけで怒ってるようにも見える当麻、になって、お題と少しニュアンスが違ってしまってるかもしれないんですが……。
 結局私の萌えポイントがそこ、ということで見ていただけると嬉しいです。

 とても大きなサイズで作ったので、顔などかなり細かく描き込んだんですが、全体を見せるための縮小ではほとんど意味が無くなってしまって、ちょっと残念。
posted by Mukara at 07:09
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月20日

114 ペンタブ練習 遼

114.jpg

2009.8.20 up

 遼のお誕生日に遼を描けなかったので、遼です(笑)
 ペンタブをやっと手に入れたので、作業をすべてペンタブでやって練習してみました。
 最後に自分の絵のくせを確認するために、あえて仕上がった絵を反転。
posted by Mukara at 20:34
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月21日

115 君は優しい…

ヒーローさ(爆)

115_01.jpg

2009.8.21 up

 うちの娘は大のアン○ンマン好きなんですが、先日急に私のところへわざわざ内緒話をしに来てくれました。
 私の耳に唇ひっつけて
「アン○ンマンとリョウってにてるね♥」
 どこがやねん!(爆笑)
 四歳児の発想ですねえ(^^;
 色が同じとか、主人公だとかそんなレベルでひとくくりのよーです(笑)

 ということで! 大勘違いコスプレネタ!


 ……第何段だっけ?




 心の準備はいいですか?




さあ、俺の顔を食うんだ! おいしいぜ!

 ……顔だけじゃすまねえかもな(腐)

115.jpg

 ところで、このキャスティングは私の一存で決定しちゃったんですけど、旦那に相談したらもっと酷いものを提案してくれました。

 秀、SMマン。<…Lじゃなく(苦笑)映像が浮かぶのは何でや〜〜(><)
 征士、セロリくん。

 どっちも声繋がりなんで、後のメンバーも解るとこだけ調べてみましたら、

 伸、目覚まし時計?
 ラジュラ、前ヤキソバパンマン。
 カユラ、鉄火のマキちゃん

 きっと他の人も出てるんじゃないですかね〜、この世に食べ物ある限り、登場人物はつきない番組ですからね〜(^^;

 あと候補として出てたけど、しんどかったのでパスしちゃった、
 アラゴ様、バイキンマン
 純、クリームパンダちゃん
 カユラ、ロールパンナ
 なんてのも、ありました〜。イメージだけで……(^^;
posted by Mukara at 20:42
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月24日

116 Message - Ryo -

116.jpg

2009.8.25 up

 最近、OVA 『Message』 を見直しています。
 新作部分が極端に少なくて、バンク映像に一人一人のモノローグがかぶさった形でのストーリー進行には、買った当時とても失望していました。
 今は見ながら、いろんなことを思います。
 あまりにそれが曖昧なんで(話が曖昧なのと同じに)いまだにどこがどうと説明できないもどかしさを感じながらも、今では結構気に入っているんですが……
 ストーリーに関してはさておきですね、
 このビデオの中で、私にとっては遼の服装が一番印象的でした。
 テレビアニメ一話でのあの諸星あたるみたいなスタイルとか(苦笑)
 サンタを連想するセーターとか……
 ニューヨーク編とキコウテイ伝説でのあの重ね着も、正直言って、イニシャルが入ってなければまあ良かったかな〜とか。
 ちょっと残念なデザインばかりだった遼が、ごくごく普通の格好で出て来た事が、嬉しかった(笑)

 塩山さんの、大人っぽい絵柄もかなり色っぽくて、あの絵柄でテレビシリーズが見てみたかったなあとか。

 そんなことを思い出しつつ、最終巻での遼を描いてみました。
 この視線の先には、当麻が居ます(笑)<ちょっとサービスショット過ぎる気がするけど、個人的にどきどきがピークになるこのシーン(^^;

 ペンタブ練習もかねていますが、やはりかっちりした線はひけませんね……
 ただ服の影付けは楽でした。
posted by Mukara at 20:49
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月25日

117 Message - Shin -

117.jpg

2009.8.25 up

 遼に続いて伸を描いてみました。
 なんだか塩山さんの伸はとっても逞しくて、おっつかないんですけど(^^;
 ペンタブにも慣れてきた気がします。
 かっちりな絵柄にはしにくいけれど、スケッチ風だと開き直ればいいかな〜

 Messageでの伸はとても切ない役回りで、最後に涙流してるところなんか見ると、ものすごく可哀想になってきます。
 闘いたくないんだー!ってキコウテイ伝説の時からずっと言ってるのに、許してもらえないんだもんねえ(苦笑)
 伸の表情はずっと暗いし、酷いところでは情けないくらいのべそかき顔だったんですけど、せめて自分で描く時くらいは、日常っぽくしてあげたいなということで、ちょっとさわやか〜な感じにしてみました。
 結構ありがちな仕上げ方ですけど(笑)暑中見舞いにできそうやん、と自分で思ったり。

 自分で伸を描く時、無意識にピンクを着せてたりしてたのも、このメッセージの衣装の刷り込みがあったんだ!と今回気づきました。
 あとは、帽子というか、キャップって難しいですね。
 ところで伸、原付乗ってるのにヘルメット無しですよ(笑)あの当時ってそれでも良かったんでしたっけ??
posted by Mukara at 20:51
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月27日

118 Message - Touma -

118.jpg

2009.8.27 up

 当麻です。
 最初はナスティ描いてたんですけど、ビデオ再生最初からしてたら、当麻対すずなぎのシーン、かっこいいなあって思ってしまって。
 鎧は持っていないはずなのに、バリアをはっちゃう当麻。
 映像では後ろ姿になっていたので、前から描いてみました。

 特殊効果で遊んでしまったんですけど、ブログ用にサイズを小さくしたら、顔がよく見えなかったので拡大して、結局背景とかは切れてしまいました。

 タブレット、面白くなってきました。
 雷とかもやとか、そういうのを描くのがとても楽。

 それにしても、遼は半袖一枚、伸はトレーナー着込んでるけど半ズボン、当麻は何だか秋カラー……
 メッセージの季節設定は秋なんでしょうか? 謎……
posted by Mukara at 20:53
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月28日

119 白炎&遼

119.jpg

2009.8.28 up


 白炎と遼って、師弟でもあり、親子でもあり(?)、兄弟でもあり、親友でもあり。
 遼にとっては、家族ともいえる白炎。
 幼児期からこんな素敵な聖獣がそばに居たら、依存度も高くなりますわな〜。
 居なくなったりしたらもう大変そうです(笑)

 小説版のほうでは、白炎が挨拶にくる子どもは、次代のカオスの素質を持つ者なんだそうです。

 だから遼達の師匠であるカオスも、その昔白炎に見いだされたというお話でした。なかなか面白いと思うんですが。

 アニメの白炎は何でもこなしてしまう、一番頼れるやつでしたね(笑)
 純の事もすごくかわいがってて、見ててほのぼの。
 妖邪界に行った時に、遼と当麻二人も乗せて走っちゃうんですよね(@o@)
 7歳の息子が、「白炎かわいそうやんか!」と叫んでました(笑)
 まあ大丈夫なんでしょうけど、他のシーンでは意外に遼は乗らずに一緒に走ってたりしますから、あのシーンは特別に遼達の体力温存という事だったんでしょう〜(と無理に思ってみる)

 ところで白炎を追い続けて、日本中を放浪している真田父さんは、写真ちゃんと撮れてるんでしょうか。
 個展とか開かれてたら、絶対に見に行きたいと思いますね。
 もちろん、手伝いと称してかり出されているであろう、息子の方を、じっくりと鑑賞しに(笑)

 そんな妄想しつつ、描いてみました。
posted by Mukara at 20:59
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手

2009年08月30日

120 伸&遼

120.jpg

2009.8.30 up

 甘えん坊な遼と、おかん気分な伸です(笑)
 人間が二人いて、触れたり触れられたり。
 そういうのって昔は全然できなかった私ですが、たまたま友達の家に泊まりにいって、悲しい出来事に肩を抱き合っている家族の光景を見て以来、私ってもしかして可哀想な子だったのか? と気づいた二十歳の頃(笑)

 家族から慰めたりしてもらった事なんか、ほんとに思い出せないくらいに無いです。
 そのせいか人に触れられる事にものすごく抵抗があって、これじゃあ誰かとつきあうなんて絶対無理だなあなんて思ってた事もありました。

 でも結局、もともとすごく甘えたな性格で、一人暮らしはしてみたけれど、寂しすぎてその方がきついってことを知ってから、人との距離をとり過ぎないように意識してきました。

 今は子ども達が暑苦しいくらいにべたべたしてくれるので、人とのじゃれ合いを満喫している毎日。自分がこれほどスキンシップの好きな人間だったって事を、今でこそ解るんですけど、中高あたり、人を好きになってもそれ以上どう進展させるものなのかが全く理解できなかった頃の息苦しさは、思い出しただけで痛い気分になりますね〜。

 まあそんな感じで、トルーパーにはまった当時がまさにそのことに気づいた頃で、アンソロジーとかで何かっちゅうとべたべたとしている彼らの姿には、とても興味津々でした(笑)

 特に伸なんか、遼の肩に手をかけてるような絵が多くて、この子が一番さわり魔なんだな、とかも思ってたり…
 対極に居るのが当麻ですよね。ドラマCDでの、甘え方を知らない当麻って話も、結構新鮮で。あの話があったから当麻好きになったんだろうな、と思うくらい、気に入ってる話です。
 秀はきっと、人とふれあうのが当たり前な家で育ってますから、もし私が純の立場だったら、間違いなく秀にべったりひっついてたろうな〜。
 秀と伸の出陣前のじゃれあいは、アニメでも見てて一番心洗われるシーンですね。かわいい〜。あの手をパンパンとあわせるシーンが特に。

 で、遼はといえば。
 前回白炎とのことを描いてて、やっぱり遼はずっと白炎のようなぬくもりと一緒に居たわけですから、スキンシップは大好きだろうなあって思ったわけですよ。
 多分もう、恋愛感情があろうとなかろうと、べた〜っとひっついて座りたがったりするんじゃないかなあとか。
 あまりに妄想にドリーム入り過ぎでしょうかね?(苦笑)

 同人誌で伸と遼の組み合わせが多かったのも、そのあたりで結構納得いくものがあって、だからなのかやっぱり二人で触れあってる図ってのを描こうとする時には、伸と遼が多くなってしまいます。

 そしてなによりこの二人だと、外野が居ないときは(笑)相当優しいやりとりになってそうで、そこらへんもツボです。だから見て和めるような絵になってるといいな、と思いつつ描いてました。
posted by Mukara at 21:03
Comment(0) | TrackBack(0) | Illust No. 111-120 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | Illust top | AAP top

web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。